漆喰塗りは古くから城郭や寺社、商家、民家、土蔵など、木や土で造られた内外壁の上塗り材としても用いられてきた建築素材である。
浜松城天守門の軒天の漆喰塗り
床面に打設したコンクリートを平らに均し、機械や鏝を使って押さえて仕上げます。
エンジン付きのタンパーでコンクリートを均します。
手作業タンパーにくらべ、連続叩打により、表面の骨材をより簡単に沈められます。
コンクリートのエアー抜き効果が発揮されますので、表面クラック防止に効果があります。
押し型デザイン床
コンクリート床面に立体感のある自然石や天然スレートなどの割り肌調、レンガ模様、木目模様などの風合いを表現する押型デザイン床工法です。
セルフレベリング床材(SL材). セルフレベリング(自己水平)性をもった床材で、
トンボで ならすことで、平滑な床下地を素早く完成させます。
外部階段のモルタル仕上
ノンスリップタイルを貼り、蹴込と踏み面はモルタルで仕上げます。
外壁モルタル塗り仕上
モルタルの付着を良くするために メタルラスやワイヤーラスなどの網状の金物を下地としたモルタル仕上げ。
塗り壁のクラック予防のために、グラスファイバーメッシュを埋め込み、塗り壁 仕上げのクラックを予防します。
コンクリートの上に、薄いセメント系の補修材を塗り、平らに金ゴテで押さえます。
主に塗装吹き付け仕上げや、タイル貼りの下地を作る作業です。
外壁の壁Pコン化粧押え
専用の鏝でPコンを押えます。
珪藻土塗り・ジュラク塗りは和室だけでなく、洋風の施工も提案できます。
鉄筋コンクリート造の建物の勾配屋根の場合は、 パーライトモルタルと呼ばれる軽量で釘打ちが出来るモルタルを下地とするのが多くなります。